Skip to main content

不眠症は性交不能症にどんな関係がありますか?

不眠症は性交不能症と関連あることがないと思いがちかもしれないのですが、実はそうではありません。睡眠症から来る問題色々ありますが、性交不能症もその一つとして注目されているのです。睡眠不足や不眠のせいでインポになる男性は少なくありません。最新データによると、睡眠問題がインポテンツの第一原因になる場合は平均3-7%に至ります。更に、性交不能症の問題で医者に相談する男性の大部分はきちんと睡眠時間を取っていないそうです。その病人達は「ほぼ毎日残業」、「仕事の問題に悩んでて、遅くまで眠れない」、「寝る時間がない」と言っています。

今時のストレスが多い生活に填まっている私達が良く自分の睡眠時間を確保していません。一日一日疲れとストレスがたまると、体と精神が弱くなって、ポテンツに重要なテストステロンのレベルがどんどん減っていきます。その為インポテンツになる可能性が高まるのです。

十分な睡眠を取ることによってインポテンツと言う病気を防ぐ

不眠症から来た性交不能症を治す、または防ぐには以下の対策が一番効果的だと思われています:

  •         できるだけ睡眠時間を削らないこと
  •         仕事と休息のバランスを守ること
  •         なるべくストレスを下げること

きちんと睡眠時間を取ることが男性の健康には欠かせないものだと分かっています。それでは、丈夫な体と充実した生活を目指すなら、自分の日課を変えて、睡眠時間を増やすのはどうでしょうか?

悪い習慣と効力の侵害

実施された研究で判断する – 男性の90%が効力に問題がある。調査参加者の年齢 – 25〜75年。

研究者らは、インポテンスに苦しんでいた男にどんな悪い習慣があるかを発見しました。

  • 約63% – アルコールを飲む;
  • 約50% – タバコを吸った;
  • 26%以上が慢性ストレスを経験した。

また、多くは肥満に苦しんでいた。

どのように悪い習慣が健康に影響を与える。

喫煙:

  • ニコチンは血管収縮特性を有する。
  • 勃起を弱める。
  • 性的興奮の発生を抑制する。
  • 血管閉塞の原因となります。

このすべてが慢性インポテンスの出現に寄与する。

アルコールの濫用:

  • インポテンツにつながる。
  • 性的欲求を失う。
  • 生殖腺の障害。
  • ホルモン不均衡。
  • 下垂体を傷つける。

麻薬常習:

  • コカイン、マリファナ、アンフェタミンの使用は勃起を阻害する。
  • オピエートは投薬量に関係なくインポテンスを引き起こす。
  • リビドーを減らした。
  • 慢性勃起不全。

運動活動の制限:

  • 心筋の弱化。
  • 血管緊張低下。
  • 筋骨格機能の障害。

脂肪食品の頻繁な消費:

  • 血液中の高コレステロール。
  • 血管の閉塞。
  • 血圧の低下。

インポテンスを効果的に治療する方法

ストレス、座りがちな生活様式、不適切な食事と悪い習慣 – ほとんどすべての現代人の日常的な属性 – は、健康が悪いだけでなく、性的な領域の問題につながる。インポテンスの問題に対する医療的解決の必要性は、高齢者および若者に発生する。ほとんどの男性は医者に行くことを恐れている。

これは非常に悪いです。結局のところ、あなたが診断をして治療を始める早ければ早く、通常の性生活が戻ってくるでしょう。

勃起不全の治療法

今日、性別学者はほとんどすべての患者を助けることができます。医学には、勃起不全と戦うための膨大な数の方法があり、有能な診断では、最も効果的なものを選択することができます。

専門家は、自己投薬を強く推奨していません。インターネットからの錠剤による治療は、せいぜい、一時的な改善をもたらし、最悪の場合、この疾患を悪化させるであろう。

インポテンスを治療する現代の方法:

心理療法。勃起が常に欠けているわけではなく、性交中にのみ。しばしば、患者を助けるために、医薬品や医療処置を処方する必要はありませんが、資格のある心理療法士(時にはパートナーと一緒に)を訪れるだけで十分です。

医薬品:

このような治療の成功は、各患者の個々の特徴によって決まるため、副作用の可能性を考慮し、一定の規則を遵守する必要があります。

真空治療する:

このアプローチは、30分までの「働く」陰茎状態を維持することを可能にし、インポテンスの対症療法としていくつかの患者にとってはかなり受け入れられる。しかし、この方法では治すことはできません。

マッサージ:

会陰部および骨盤臓器のマッサージは、勃起不全の複雑な治療に使用される重要な方法である。 この領域における血液循環の改善は、代謝プロセスの活性化、血管の拡張、および使用される医薬療法の有効性の増加に寄与する。

インポテンスの外科的処置:

現代の手術法は、95%の症例で性的喜びを返すことができます。

インポテンス – 神話ではない?

多くの人が「インポテンス」のような問題について知っています。初めて、誰もがそれがランダムなものだと思っています。2番目はストレスと睡眠不足です。そして第三に – 男は真剣に心配し始めます。

性的状態を心配する価値があるのはいつですか?

科学者たちはこの病気についての主な神話を払拭した。

 神話№1:インポテンツは、高齢者だけの病気です。

これは嘘です。インポテンスは若者に現れることがある。メガシティの住民は、毎日のストレスのためにこの病気になりやすい。30歳未満の男には、私たちの時の勃起の問題が起こる可能性があります。また、初期の性生活はインポテンスの出現に寄与する。

神話№2: あなたがスポーツのために行くなら、効力に問題はありません。

それどころかから!症例の90%において、インポテンスは生理学とは関係ありません。そう – スポーツは、インポテンツには役立ちません。

神話№3: インポテンスは自宅で簡単に治療されます。

非常にまれなケースでは、これは本当です。しかし、ほとんどの場合、家庭での治療は大きな問題につながります。インポテンスは他の病気によって引き起こされることが非常に多いことを忘れないでください。

神話№4:インポテンスは、単一の丸剤で治療されます。

インポテンスの治療は常にペアで行われます – 薬+心理療法。間違いは容認できないので、これは骨の折れるプロセスです。

神話№5:リビドーを増やす薬はインポテンツを治すことができます。

シンドロームを修正するだけです。

老人の効力

ほとんどの男性は70歳で、良好な勃起と、定期的な性的親密さを持っています。秘密は何ですか?また、老いの前にどのように良い効能を保存するのですか?

60年後に効力を高める方法は ―常に話題になっています。勃起障害がより一般的になってきている。

どのように望ましい結果を達成するには?

効力を維持する方法:

  • 規則性。専門家は、効能を維持する主な要因は、定期的な性行為であることを証明しています。
  • 落ち着き。リスクゾーンでは、活動が常に感情的ストレスに関連付けられている労働者。
  • 40+のため。脂肪質食品、揚げ物、燻製食品の量を制限する。 喫煙をやめ、アルコールを飲まないでください。メニューには緑、ナッツ、シーフード、リンゴ、イチゴ、ミルク、パンを追加します。
  • 足を決して横切らない。これは、血管、静脈炎または血栓の病気につながる可能性があります。
  • 医者に行くことなく鎮静剤を服用しないでください。鎮静剤、ならびにミント、メリッサ、サンザシ、メントールに基づく茶は、圧力を低下させ、すなわち、血管系の機能を妨げる。
  • ベジタリズムはありません!「男性の健康」には動物性タンパク質が必要です。
  • パン。パンは肌の脂肪量を増やし、「男性の健康」に悪影響を及ぼします。
  • ライフスタイル。活発なライフスタイルをリードする。