Skip to main content

不眠症は性交不能症にどんな関係がありますか?

不眠症は性交不能症と関連あることがないと思いがちかもしれないのですが、実はそうではありません。睡眠症から来る問題色々ありますが、性交不能症もその一つとして注目されているのです。睡眠不足や不眠のせいでインポになる男性は少なくありません。最新データによると、睡眠問題がインポテンツの第一原因になる場合は平均3-7%に至ります。更に、性交不能症の問題で医者に相談する男性の大部分はきちんと睡眠時間を取っていないそうです。その病人達は「ほぼ毎日残業」、「仕事の問題に悩んでて、遅くまで眠れない」、「寝る時間がない」と言っています。

今時のストレスが多い生活に填まっている私達が良く自分の睡眠時間を確保していません。一日一日疲れとストレスがたまると、体と精神が弱くなって、ポテンツに重要なテストステロンのレベルがどんどん減っていきます。その為インポテンツになる可能性が高まるのです。

十分な睡眠を取ることによってインポテンツと言う病気を防ぐ

不眠症から来た性交不能症を治す、または防ぐには以下の対策が一番効果的だと思われています:

  •         できるだけ睡眠時間を削らないこと
  •         仕事と休息のバランスを守ること
  •         なるべくストレスを下げること

きちんと睡眠時間を取ることが男性の健康には欠かせないものだと分かっています。それでは、丈夫な体と充実した生活を目指すなら、自分の日課を変えて、睡眠時間を増やすのはどうでしょうか?

悪い習慣と効力の侵害

実施された研究で判断する – 男性の90%が効力に問題がある。調査参加者の年齢 – 25〜75年。

研究者らは、インポテンスに苦しんでいた男にどんな悪い習慣があるかを発見しました。

  • 約63% – アルコールを飲む;
  • 約50% – タバコを吸った;
  • 26%以上が慢性ストレスを経験した。

また、多くは肥満に苦しんでいた。

どのように悪い習慣が健康に影響を与える。

喫煙:

  • ニコチンは血管収縮特性を有する。
  • 勃起を弱める。
  • 性的興奮の発生を抑制する。
  • 血管閉塞の原因となります。

このすべてが慢性インポテンスの出現に寄与する。

アルコールの濫用:

  • インポテンツにつながる。
  • 性的欲求を失う。
  • 生殖腺の障害。
  • ホルモン不均衡。
  • 下垂体を傷つける。

麻薬常習:

  • コカイン、マリファナ、アンフェタミンの使用は勃起を阻害する。
  • オピエートは投薬量に関係なくインポテンスを引き起こす。
  • リビドーを減らした。
  • 慢性勃起不全。

運動活動の制限:

  • 心筋の弱化。
  • 血管緊張低下。
  • 筋骨格機能の障害。

脂肪食品の頻繁な消費:

  • 血液中の高コレステロール。
  • 血管の閉塞。
  • 血圧の低下。