Skip to main content

不眠症は性交不能症にどんな関係がありますか?

不眠症は性交不能症と関連あることがないと思いがちかもしれないのですが、実はそうではありません。睡眠症から来る問題色々ありますが、性交不能症もその一つとして注目されているのです。睡眠不足や不眠のせいでインポになる男性は少なくありません。最新データによると、睡眠問題がインポテンツの第一原因になる場合は平均3-7%に至ります。更に、性交不能症の問題で医者に相談する男性の大部分はきちんと睡眠時間を取っていないそうです。その病人達は「ほぼ毎日残業」、「仕事の問題に悩んでて、遅くまで眠れない」、「寝る時間がない」と言っています。

今時のストレスが多い生活に填まっている私達が良く自分の睡眠時間を確保していません。一日一日疲れとストレスがたまると、体と精神が弱くなって、ポテンツに重要なテストステロンのレベルがどんどん減っていきます。その為インポテンツになる可能性が高まるのです。

十分な睡眠を取ることによってインポテンツと言う病気を防ぐ

不眠症から来た性交不能症を治す、または防ぐには以下の対策が一番効果的だと思われています:

  •         できるだけ睡眠時間を削らないこと
  •         仕事と休息のバランスを守ること
  •         なるべくストレスを下げること

きちんと睡眠時間を取ることが男性の健康には欠かせないものだと分かっています。それでは、丈夫な体と充実した生活を目指すなら、自分の日課を変えて、睡眠時間を増やすのはどうでしょうか?

インポテンス – 神話ではない?

多くの人が「インポテンス」のような問題について知っています。初めて、誰もがそれがランダムなものだと思っています。2番目はストレスと睡眠不足です。そして第三に – 男は真剣に心配し始めます。

性的状態を心配する価値があるのはいつですか?

科学者たちはこの病気についての主な神話を払拭した。

 神話№1:インポテンツは、高齢者だけの病気です。

これは嘘です。インポテンスは若者に現れることがある。メガシティの住民は、毎日のストレスのためにこの病気になりやすい。30歳未満の男には、私たちの時の勃起の問題が起こる可能性があります。また、初期の性生活はインポテンスの出現に寄与する。

神話№2: あなたがスポーツのために行くなら、効力に問題はありません。

それどころかから!症例の90%において、インポテンスは生理学とは関係ありません。そう – スポーツは、インポテンツには役立ちません。

神話№3: インポテンスは自宅で簡単に治療されます。

非常にまれなケースでは、これは本当です。しかし、ほとんどの場合、家庭での治療は大きな問題につながります。インポテンスは他の病気によって引き起こされることが非常に多いことを忘れないでください。

神話№4:インポテンスは、単一の丸剤で治療されます。

インポテンスの治療は常にペアで行われます – 薬+心理療法。間違いは容認できないので、これは骨の折れるプロセスです。

神話№5:リビドーを増やす薬はインポテンツを治すことができます。

シンドロームを修正するだけです。